企業理念

日本で1番当たり前を大切にする会社

創業の想い

 

家族の為に働く兄弟がいました。

 

学も人脈も、ましてや技術もありません。

2台のトラックに荷物と想いを詰め込んで、家族の為にひたすら走り続けました。

 

やがて配送だけではなく物流業務全般を手掛けるようになり、信じあえる仲間にも恵まれ、小さな会社が出来ました。家族の為に働いていた兄弟が、人の為に働く喜びに気付いた瞬間でした。

 

 

『仲間の為に一歩でも前へ、命をかけてみんなの信頼に応えよう』

 

 

想いの原点は、戦中・戦後の混乱の中、リアカーを引いて家族の為に懸命に働き続けた、兄弟の母の姿にありました。

 

その姿が想いの原点となり、高見グループはスタートを切ったのです。

 

 

第二創業の想い

 

 2016年の熊本地震の際、被災された方々はいつもの生活が出来なくなりました。必要な物資を届けるのが使命と感じ私たちは動きました。被災地に物資を届け、心からの「ありがとう」を聞いたとき、私たちの仕事の重要性と素晴らしさを改めて理解しました。

 

 欲しいものが欲しい時に手に入る。

そんな「当たり前」の生活に私たちの仕事が役に立っている。

私たち一人ひとりがその「当たり前」への責任を負っている。

 

 私たちの仕事がいつもの生活を支えているという誇りをもって、これからも歩み続けます