• takamikigyo

運送業界について


高見起業 輸送課かちょーです。

今回は、運送業界について書かせていただきます。

私は最初に書かせてもらいましたが、運送業界が長いので良い事も辛い事もありました。

「トラック野郎」に憧れモモさん〈菅原文太〉になりたくて、台風がこようが道路が通行止めになっていようが何がなんでも荷台に乗せた商品は届ける!という気持ちでこの業界に入門しました。

世間一般的に書かせてもらうと、ドライバーさんの高齢化が問題です。

我が社も同じくベテランドライバー揃いで、来期は平均年齢が50歳を迎えます。

このベテランドライバーさんたちの意思を継いでくれる頼もしいドライバーさんを求めています ^ ^

昔は3K(きつい・厳しい・帰れないetc)と言われましたが、お国の偉い様たちが運送業界のことを理解して頂いている(?)のか、大手物流企業様のお陰?なのか分かりませんが。。。

現状は走りたくても走れません。

お家に帰りたくなくても帰れちゃいます(配送地域に寄りますが・・・)

しかし、物流が止まってしまうと皆さんの当たり前の生活が、当たり前で無くなってしまいます。

絶対にそんな事にならないように、日本全国いろんな地域でたくさんのドライバーさん達が日々走り回っております。

いろんな地域に行って、美しい景色を横目に走り、たくさん美味しいものを食べて走り、その情報を仲間に伝え、日本一周旅行をしているように楽しんでお仕事しているのが日本のドライバーさん達です。

我が社は、大手物流企業様がやっているような路線便とは違い、皆さんが当たり前に使っている段ボールに関する物をメインに関東・関西圏に運ばさせてもらうお仕事をさせて頂いております。

通販では当たり前に使用される段ボールを作っている製函工場まで運び、帰り荷として原材料を輸送して工場に戻ってきます。

とても仲が良いドライバーさん達で、ドライバー仲間で計画をして一緒にバーベキューをしたり、社会見学だーーーと行ってレンターカーを借り、日帰り旅行に行ったりしています。

私は、そんな高見起業がとても大好きです ^ ^

では、また次回よろしくお願いします。


27回の閲覧