• takamikigyo

どんな思いでこの仕事に就いたか


こんにちは!新入社員のみぃです(#^^#)

今回は私の学生時代から、入社するまでのことについてお話したいと思います!

少し真面目なお話になりますね(笑)

私は3年制の短期大学に通っていたのですが、2年生の時にあった実習で私は保育の道ではなく一般職に進みたいと思い始めました。

一般職だと最終学年になる年の3月1日から就職活動を始める方が多いと思います。保育系の就職活動は一般職とは違い、公務員を目指す人以外は9月頃から就職活動が始まる方がほとんどです。

求人も9月頃が1番多く出てきます。私は保育職をまだ完全に諦めきれてない状態のまま、とりあえず一般職は今しか就職活動ができないと考え軽い気持ちで就職活動を始めました(..)

就職活動を始めて感じたことは、4年制の大学に通う方と比べられるという現実を知りました。

どの企業の説明を聞いても、「なんで保育職を諦めたの?」と保育系の短期大学に進学したのに保育の道に進まないことに悪い印象を持つ企業の方がどうしても多かったです。私はその時に4年制大学に通う方々よりも、就職活動をしていく上で不利な状況にあることの現実を知りました。その時に私は自分のことを採用して頂いたところを大切にしようと心に決めていました!

そんな中で、今勤めている高見起業に出会いました!

就活居酒屋という、企業の方と学生がお酒でも飲みながらお話しましょうという会がありまして、私はそこで高見と出会いました。

その後会社訪問とお話を何回もさせて頂き、入社したいと思うようになりました。

実際に内定を最初に頂いたのも、高見でした。

面接を受けた時、私を含め6人いたのですが4年制大学の方ばかりでした。

それでも私のことを採用して頂いたことが、当時の私はとても嬉しくて他にも同時進行に面接受けているところもありましたが高見に入社することを決めました。

これもなにかの縁だと思ったので、最後はもう勘で決めましたが後悔はまったくしていません!!(笑)

私は、採用して頂いた恩を忘れずに今後恩返しと少しでも早く会社に貢献できるように、私なりに今一生懸命働いています!!

長くなりましたが、ありがとうございました(^-^)


31回の閲覧