• takamikigyo

これからの物流について


皆さん、こんにちは。

高見起業、輸送課かちょーです。

これからの我が社の話をしたいと思います。(私個人の見解ですが・・・)

物流業界も5Gを活用した自動運転が2020年から始まるとか、2030年には6Gを活用して更に自動運転が進むと言われており、数年前には考えられなかったことが現実になろうとしています。

その他、連結トラックの導入、ラストワンマイルが大切と言われています。

BtoBの輸送をさせて頂いている我が社も、これからの動向から眼を背ける訳にはいかないので、情報収集と体制強化が必要になってきています。

まず、自動運転。

事故撲滅やドライバーさんの長時間労働の面から見ると、我が社でも是非導入を進めていきたいと思っています。

道路整備や法改正が必須になりますが、自動運転レベル3でも大きな労働時間短縮に繋がりますし、ドライバーさんの負担が少しでも軽減されるのであれば、導入しない手はありませんねー。

次に、連結トラック。

こちらは、我が社が現状やらせて頂いている輸送には向いておらず、路線便向きだと思います。物流センターが高速道路ICに近く、効率よく如何にたくさんの商品を移動することが出来るか?が課題のところには大きな改善が出来ると思います。

ただ、乗って走ってみたい~!っていう気持ちはありますが ^ ^

社長にいつも言われている事を思い出します。『あったら便利は、無くても何とかなる!』

最後に、ラストワンマイル。

我が社は、Cに対しての配送をしていないのですが、今後の戦略で《攻めの部分》では必要だと思っています。

「物流を制すものが、ビジネスを制す」

と言われる時代でもあります。

ECが当たり前のように使われている時代なので、よりお客さまに近づき、よりエンドユーザーに近づいた〈三方良し〉の輸配送をしていきたいと思っています。

私の意見を書かせていただきました。

ありがとうございます!

では、また次回 ^ ^


23回の閲覧